【Pokemon LEGENDSアルセウス レビュー】おもしろいの?難易度は?攻略を見ずに10時間プレイした私の正直な感想(ネタバレなし)

どうも!ポケモンバトルちょいガチ勢のまそっちです。

いやー、発売されましたね、「Pokemon LEGENDS アルセウス」(以降「レジェンズ・アルセウス」)!

ポケモンは新作が発売されるたびに、かなり世間が盛りあがるから「買っちゃおうっかな〜?」って考えている方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、気になるのは「実際のおもしろいの?」そして「難しいの?」という点ですよね。

結論から言うと、「めっちゃおもしろくて、難易度は少し高め」です。

もともと、ポケモンというコンテンツが好きであれば、間違いなく面白いし(主観多めww)、

そう感じる仕掛けが散りばめられています。

難易度に関しては、ポケモンが全く未経験や、アクションゲームが苦手な方にとっては、ややむずかしめです。

なぜ、そのように感じるかを、実際に10時間プレイした私の感想と一緒にお伝えしたいと思います。

ちなみにこの記事では、極力シナリオのネタバレはしていません。

これから購入を検討する方もいると思うので!

簡単なあらすじ

出典:ポケットモンスターオフィシャルサイト

ネタバレは避けたいので、簡単なあらすじだけお伝えします。

主人公はある日、この世の全てを創造したといわれているアルセウス(というポケモン?)にヒスイ地方のコトブキ村に連れてこられます。

主人公は行くあてがなくなってしまいますが、そこで出会ったラベン博士たちともに、ポケモンの生体の調査をしながら、「ポケモン図鑑」の完成を目指すこととなります。

また、ヒスイ地方には「キング」や「クイーン」と呼ばれる特別な加護を受けたポケモンがおり、人間と共存しておりしています。

しかし、「キング」や「クイーン」が突然暴走をし始めます。

主人公はポケモン調査と並行して、荒ぶった「キング」と「クイーン」沈めながら、暴走の理由を解き明かす調査をします。

おもしろポイント列挙していく

OKのサインのイラスト

なぜ10時間プレイして「おもしれえ」って思ったかを1つずつお伝えしていこうと思います。

なるべく公式サイトの載っているような、「こういう要素追加されて面白い」的な説明は省きます。

ここからは、熱が入るのでところどころ少し口調が雑になります笑

今までになかったハラハラ感

おい!目なんかつぶってる場合じゃないぞ!みたいな

突然ですが、ポケモンやったことありますか?

(ここでいうポケモンは、赤緑とか剣盾とか主にナンバリングタイトルを指してます。スナップとかは別)

ポケモンって結構ゆったりプレイできますよね。

「あー、ポケモン出てきた。2・3回攻撃してから、つかまえるか」みたいな。

でも、今回はそうはいかない。

ポケモンがふつうにそこらへん歩いてるんすよ!

モンスターボールだって、ちゃんと狙い定めて投げなきゃいけない。

んで、つかまえようとして、もたもたしてたら逃げやがんの!笑

なんなら、容赦なく主人公を襲ってきます。

フワンテ
出典:ポケットモンスターオフィシャルサイト

私なんか序盤でこいつにやられかけました笑

可愛いなりして、催眠しかけてくるし、結構ハラハラさせられます。

もういわば、かわいいバイオハザードですよ。

「うわー、エイム定まらねえし、もうボール持ってねえぞ!」みたいな。

もちろん、バイオハザードの方がアクションは難しいですが笑

ポケモンにこれまでなかった「ハラハラ感」を楽しめるのは、今作の醍醐味の1つでしょう。

ポケモンGOとRPGの融合

「レジェンズ・アルセウス」は、ポケモン図鑑の完成が目的で、ポケモンゲットがストーリーの軸になってたりします。

ポケモンをつかまえないことには、クリアができません。

ゲットに重点を置いているので、ポケモン同士の戦闘を行わなくても、つかまえることができます。

「あ、ピカチュウが歩いてる!こっそり近づいて、逃げられる前にモンスタボール投げなきゃ!」ってな感じで。

ちなみにモンスターボールは、落ちている道具を拾って、自作しないといけない。

道具も無限にバッグに入れられるわけじゃないから、やりくりが必要になる。

その点で、ポケモンGOと似ていて、サバイバル感が楽しめる。

昨今のポケモンには、なかった要素かなと。

そこにGOとは違って「レジェンズ・アルセウス」は、ストーリー要素が加わります。

謎解きして、バトルして、ボスを倒して、人助けして、、、

いわゆる「勇者」になれるんです。

これは、RPG好きのメンズにはハマりますよね笑

「FF」、「ドラクエ」、「バイオ」感が少しずつ楽しめる欲張りゲームになってます。

あくまでも、子どもも楽しめる「ポケモン」という可愛らしい土台に乗っかってね笑

モンスターがふつうに強い

なきごえが不気味すぎる

近頃のポケモンって難易度低くなりましたよね。

何匹か適当に集中して育てれば、そいつで無双して、ラスボスまで倒して終わりみたいなこともしばしば。

正直、ポケモンをストーリークリアするだけなら、漫画読むくらいのスタンスでも達成できた笑

これは開発側も難しいもので、あまり玄人好みの難易度にしてしまうと、難しさを敬遠して新規プレーヤーが増えない。

でよ、今回はその風潮を破って、最初から結構強いモンスター(強ポケ)が出てくる!

やり応えがあるんですよね。

その分、モンスター倒したり、つかまえたときの喜びも大きいし。

「じゃあ、ポケモンエンジョイ勢どうすんねん?」って声が聞こえてきそうですね。

「ゲーフリ、うまいな!」って思ったのはここ!

必ずしもその強ポケを倒さなくても、ストーリーは進められるんです。

玄人は、序盤でもなんとか手持ちポケモンを育成して、持ち前のプレイイングで、強ポケを倒せばいい。

エンジョイ勢や、新規勢は、強ポケは一旦スルーして、ストーリー進めて強くなったら倒せばいい。

ちなみに、メインシナリオ以外にも「サブ任務」や「主人公の着せ替え」などがあります。

プレーヤーによって、遊び方の幅がさらに広がったのも今作の魅力です。

(注:ゲーフリ=ゲームフリーク=開発元)

ポケモン好きを喜ばす要素

出典:ポケットモンスターオフィシャルサイト

「レジェンズ・アルセウス」には、もともとポケモンが好きだった人を喜ばす要素もあります。

  • これまで登場したキャラクターの先祖が登場
  • ヒスイ地方特有の姿をした新ポケモンが登場

「ポケモン」はモンスターもさることながら、そこに登場する人物(キャラクター)もとても人気があります。

「レジェンズ・アルセウス」は、過去作で登場した人物の祖先にあたるキャラが登場します。

これについては、もともと公式から発表されていた要素です。

出典:ポケットモンスターオフィシャルサイト

そして、発売前情報で知らされていた人物以外についても「コイツもしかして、あの人の祖先?」みたいなキャラが出てきます。

これは、ポケモン好きにとってたまらない要素でしょう。

自分のお気に入りのキャラの先祖も出てこないかなあ、なんてスタンスでプレイすると楽しみが増えます。

一方で「こいつ誰の先祖やねん?」みたいなキャラもいます。

そのキャラが「もしかしたら今後の新作に子孫として出るかもしれない!」とか想像に胸が膨らむのもまた一興。

出典:ポケットモンスターオフィシャルサイト

また、ポケモンにはその地方特有の姿をしたポケモンがいます。

これまでおなじみだったポケモンの姿から、その地方の気候や環境に適した姿に変化します。

よく「リージョンフォーム」なんて表現します。

プレイを進めていくと情報解禁されていたポケモン以外にも「リージョンフォーム」が出現します。

シンプルに新ポケモンが出てくると、ワクワクします。

「FF」とかでも、新しい敵が出てくると「見た目が氷っぽいから、とりあえず弱点の炎で攻撃してみるか!」みたいなことやりますよね。

ポケモンでも同じで、その試行錯誤がおもしろい!

新ポケモンは好奇心をくすぐります笑

ただし、一点だけ言いたいことがある。

もちょい序盤から新規ポケモンを登場させて欲しかった笑

数時間プレイしないとお目にかかれないから、少し辛抱が必要。

微妙な点(難易度など)

軽く触れましたが、今作はポケモン過去作に比べると難易度が高いです。

なぜ、そう感じるかをお伝えします。

操作が複雑化

複雑な人間関係のイラスト(棒人間)

今回はアクション要素が強まっているため、複雑な操作が求められます。

敵の攻撃を避けつつ、モンスタボールを投げるといったように、一度にやらなきゃいけないことが増えました。

過去作と比較して、コントローラーの色々なキーを瞬時に押していかないといけない。

各キーの役割を覚えなきゃいけないし、慣れないうちは操作ミスが連発します。

全くアクションゲームが苦手という方には、少し難易度が高いと思います。

新規プレーヤーはバトルも大変

前述したとおり、コントローラー操作が複雑化しました。

かといって、ポケモンバトル自体が楽になっているかといえば、そこまででもない。

出典:ポケットモンスターオフィシャルサイト

ポケモンにはタイプが18種類あって、少なくともこのタイプ相性を把握しないと、バトルを有利に進められません。

ちなみに、ポケモンは2つまでタイプを有することができるし、技自体にもタイプがあるため、覚えることがいっぱいです笑

ちなみに、自分も把握しきれてません。。

新規プレーヤーが、コントローラー操作を覚えながら、このタイプ相性も覚えるってのは、正直しんどい。

全くの新規プレーヤーは、難易度の低い過去作からのデビューの方がおススメ。

反対に、「ポケットモンスターソード&シールド」のような、バトル環境を期待している方には、ちょっと物足りないかも!

ネット通信を利用したプレイヤー同士のバトルはないし、技の種類もそこまで多くないです

ポケモンが好きじゃないとツライかも

本作はポケモンをつかまえることで、主人公のレベルが上がり、先のステージに進めるシステムになっています。

そのためには、どうしてもポケモンゲットに注力しなければならないシーンがあります。

同じポケモンを複数捕まえたり、いわゆる「作業ゲー」になってしまう恐れが。。。

「ポケモンをつかまえるというよりも、早くストーリーをクリアしていきたい!」という方には、少々ツライかもしれません。

「よかった点」と「ざんねんな点」

失礼ながら、超主観でグッドとバッドのポイントをまとめます。

よかった点
  • アクション要素が加わってハラハラ感を味わえる
  • ポケモンGOにRPG要素がうまい具合に融合したゲーム
  • メインシナリオ以外にも楽しむポイントが盛りだくさん(やり込み要素あり)
  • 強い敵モンスターが序盤から出てきて攻略したときの喜びが大きい
  • ポケモン好きを喜ばす工夫が随所にある
ざんねんな点
  • 操作が複雑化したけど、バトルの難易度は変わらないから新規プレーヤーにはややハードル高め
  • アクションの難易度設定を変更できない
  • ポケモン好きじゃないと「作業ゲー」になってしまう可能性がある
  • 新規ポケモンが序盤に出てこない

まとめ(レジェンズ・アルセウスはこんな方におススメ)

いっさい攻略を見ずに10時間プレイした私の感想を踏まえて、「レジェンズ・アルセウス」がおススメな方は次のとおりです。

レジェンズ・アルセウスがおすすめな方
  • 「ポケモン」というコンテンツが好きな方(ポケモンをつかまえることが好きな方)
  • 今までの「ポケモン」とひと味ちがったハラハラ感を楽しみたい方
  • メインシナリオだけでなく、サブシナリオもマイペースに楽しみたい方
  • 過去作の難易度にちょっと退屈している方
  • RPGが好きな方(勇者になりたい方)

たまたま、寄った家電量販店で売り切れになってました。

お求めの際は、店舗よりもネットの方が安全かもしれないですね。

ちなみに、「メインストーリーだけでもいいからクリアしてみたい!」という方はパッケージ版の購入がおすすめです。

クリア後は、メルカリやブックオッフなどで中古販売すれば、お小遣いの足しにできます笑

こういう人気ゲームは、発売日から期間を空けずに売ると、結構いい値段で買い取ってもらえます。

パッケージにするか、ダウンロードにするかは、サイト内でもろもろ選択可能です。

「パッケージ版orダウンロード版」、「特典付きorなし」で価格も異なるのでお気をつけください。

私もまだクリアしてませんが、早くも次回作が気になってます笑

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA